医師

様々な体調不良を引き起こす腸閉塞|規則正しい生活で予防する

新陳代謝を促す器官

腰を押さえる女性

甲状腺は新陳代謝を促進する甲状腺ホルモンを分泌する大切な器官ですが、このホルモンの分泌が過剰だったり低下することで病気が起こります。ただこの場合は適切な治療を受ければ普通に過ごすことが可能なので、体調が悪いときに甲状腺の病気の可能性を考えたり、専門医を受診することをお勧めします。

もっと読む

腸が詰まってしまう病気

カウンセリング

症状と治療方法

腸閉塞という病気があります。イレウスとも呼ばれ、食べ物や消化液が小腸、あるいは大腸で滞ってしまった状態のことです。なぜ滞ってしまうのでしょうか。それにはいくつかの原因が考えられます。たとえば腸の手術の後の癒着、あるいは大腸がんや便秘などです。高齢者の場合は特に、便が詰まって腸閉塞になることもあります。それから大腿へルニアや、まれなケースですが、腸捻転が原因のこともあります。腸閉塞の症状としては、突然起こる激しい腹痛や、お腹の張り、そして吐き気や嘔吐などです。このような場合は消化器科や胃腸内科を受診するようにしましょう。検査が行われ、腸閉塞と診断された場合の治療方法としては、まず手術があります。場合によっては手術を行わず、保存的治療が行われます。

胃腸の負担を軽くしよう

急に症状が出て、しかもひどい腹痛がするこの腸閉塞を、予防する方法はあるのでしょうか。残念ながら腸閉塞の場合、これをしておけば大丈夫というものはありません。ただ、普段の心がけによって、腸閉塞になりにくくすることはできます。まず、胃腸に負担をかける暴飲暴食を避け、規則正しい生活をすることです。ストレスも胃腸に負担を掛けることになりますので、ストレスをためこまないようにしましょう。特に開腹手術を行った人は、腸閉塞にかかる確率が高くなります。手術直後は、海藻やこんにゃくといった、消化の悪い食物は避けるようにしましょう。それから体が弱っている時、特に胃腸が弱っている時は、消化のいい雑炊やスープ、うどん、ヨーグルトなどを摂るといいでしょう。

抗原を細胞から除去

患者と先生とナース

免疫沈降とは、細胞内で抗原となっているたんぱく質を、細胞から除去するための方法です。具体的には、抗体を注入して、その抗原と結合させるのです。結合を促すために細胞は溶かされますし、結合した抗原は遠心分離で除去されます。これらの作業では、他のたんぱく質を傷つけないように気をつけることが大事です。

もっと読む

胆管の腫瘍の基礎知識

医療ベッド

胆管がんは、初期段階でほとんどのケースで特有の症状がでず、相当進んでから症状が現れることが多いので、発見自体が遅れてしまう事が多いという主な特徴があります。治療法については、様々なにありますが、早期発見と早期治療が大事になってきます。

もっと読む