新陳代謝を促す器官|様々な体調不良を引き起こす腸閉塞|規則正しい生活で予防する
看護師

様々な体調不良を引き起こす腸閉塞|規則正しい生活で予防する

新陳代謝を促す器官

腰を押さえる女性

甲状腺は喉仏の下にある内分泌器官で、新陳代謝を促し、子供の正常な成長にも欠かせない甲状腺ホルモンを造っています。この器官の病気は女性に多く、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になることで起こる場合と、足りなくなることで生じる場合の両方があります。これらの疾患はほっておくと他の臓器に悪影響を起こす可能性があるので治療が必要ですが、適切な治療さえ行えば普通の日常生活を送ることができます。そのため、疲れや動悸、皮膚のむくみなど他の病気でも見られるような症状が出た場合は、甲状腺の病気の可能性も考えた方が良いでしょう。また、これらの疾患は出産でのホルモンの変化や海藻類などのヨードの過剰摂取などが関係することがあるので、そのことも考慮すると予防になる可能性があります。

甲状腺の病気は症状が出て他の科を受診しても病名が分からない場合が多いので、体調が悪くて原因不明の場合は甲状腺の専門医の診察を受けることをお勧めします。この器官のホルモンが過剰な場合の疾患としてはバセドウ病などが挙げられますが、ここでは動機、息切れ、多汗などの症状が出るようになります。そして治療法としては、ホルモンのバランスを回復する薬の他に甲状腺を部分的に切除する手術が行われる場合があります。一方、甲状腺ホルモンが低下する病気として橋本病があり、この症状としてはむくみや疲れ、脱毛などが挙げられますが、この場合の治療は薬が中心となります。これらの病気は専門医の適切な治療と指導があれば心配する必要がなくなりますし、また器官のがんの場合も初期に治療すれば治癒の可能性が高いと言われています。このため、甲状腺の疾患の場合は専門医の受診が望ましいとされ、その中から病院を選ぶ患者さんが増えているようです。