胆管の腫瘍の基礎知識|様々な体調不良を引き起こす腸閉塞|規則正しい生活で予防する
看護師

様々な体調不良を引き起こす腸閉塞|規則正しい生活で予防する

胆管の腫瘍の基礎知識

医療ベッド

主な症状と特徴

胆管がんの発症する年については40才内で見つかることは稀有で40代の後半〜50歳代になって次第に増加し、60代で一番非常に多く生じます。胆管がんが発生する可能性は男性が女性に比べた場合多くなります。胆管内の粘膜より現れ、周囲の組織に対してしみこむごとく広大化する可能性が高いがんになります。さらに胆管内のスペースが盛り上がる感じに一回り大きくなることもあり得ます。しみこむように拡大した際に黄疸といった初期における症状が少なく、早い段階での発見が難しいといえます。国内では胆管がんは年を経るごとに増加しています。そして、外科手術の難しさもあり、抗がん剤あるいは放射線治療が効きづらい難治性がんといえます。

治療法と癌の進行

胆管がんに対する治療法は、主として外科手術、そして放射線療法、さらに抗がん剤などの治療法が柱となってきます。胆管がんにつきましては胆汁の道とされる胆管に生じるがんなので相対的に早い内に胆汁の流れそのものが悪化して黄疸症状が現れて発見できる可能性が大きいがんといえます。しかしながら粘膜から生じた癌の一部分はしみこむようにして拡がり塊を作らず、初期における症状に欠けるためいわゆる早期発見が難しいといえます。この癌については進行も短時間で、かゆみもしくは白色の便、さらに目や肌の黄疸が発症しれたときにはもうすでに進行してしまった癌となっていて手術不適応となるケースが多いです。その上身体全体の疲労感や食欲不振、さらにお腹や背中などが痛むこともあります。このように初期症状に気づきにくい胆管がんを発見するためは、病院で定期健診を受けるのが最も良い方法でしょう。内科のある病院での検診で体に異常があると、すぐに医師が判断して精密検査を勧めてくれます。